ホームページって何だ?

個人の情報発信の役割を果たすホームページ

インターネット社会が普及し、今やパソコンやスマホなどを利用しホームページから情報を得ている人は圧倒的に多くなりました。そもそもホームページとは何なのか?個人という側面、企業という側面、両方から見ていきましょう。 まずは個人と言う側面から考えると、情報発信の場、コミュニケーションの場であると言えます。自分の趣味や特技などのプロフィールから始まり、日々の生活ぶりなどまで公開することにより、共感を持った人達とメールやリンクを通じて「つながり」、ゆくゆくはオフ会などで実際に出会ってさらなる交流を深めてゆく。ホームページは、そういった人と人とのつながりを媒介する役割を果たしているといえます。現代的な「出会いの場」ともいえるでしょう。

企業の営利活動の役割を果たすホームページ

ホームページはまた、企業の様々な営利活動を助ける役割を果たしています。写真などのツールを利用して「ショールーム」的に企業を紹介、お客様に様々な情報を提供する場になっています。もう一歩進むといわゆる「ネットショップ」と呼ばれる、「販売店舗」としての役割すらホームページが果たしてくれます。商品と金銭(電子マネー)のやり取りが、直接ホームページを通して行われるわけです。また、「営業拠点」としての側面も持ち合わせます。現実の営業では営業マンが直接お客様の所に赴いて商品説明などをしますが、ホームページは直接お客様に見てもらうことによってその役割を代行することになるのです。 以上見てきたように、ホームページは普及したインターネット社会において様々な「情報」を提供、享受する機会を増やすツールとなっています。