ホームページとネットリテラシー

情報を正しく利用しよう

インターネットの発達により、多くの情報に簡単にアクセスできるようになってきました。役立つ情報も多くあるため、正しく利用できれば非常に便利なものです。しかし、ホームページに載せられている情報がすべて正しいものであるとは限りません。間違っている情報があったり、悪意を持って情報操作がされている恐れもあるのです。何も考えずに情報利用をしていると、トラブルのもとになってしまうこともあります。 そのため、ネットリテラシーとして正しい情報を利用するために意識しておくべきことがあるのです。それは、別の媒体から情報を得てみるという事です。もちろん情報を得るきっかけとしてホームページは有用ですが、それだけで完結させず、文献や他の媒体にあたって調べていくという事でより正確性を高めることができるのです。

情報の利用には注意を払おう

情報の受け手としてだけではなく、得た情報を発信する立場に立つことも、インターネットの発達により容易になってきました。発信ができるという事で世界は大きな広がりを見せていきます。これは大変魅力的なことでもありますね。気軽に投稿できるため、安易な気持ちで転載をしたりいたずらをしてみたい気持ちになることもあるでしょう。しかし、そういった軽い気持ちが大きなトラブルへとつながってしまうのもインターネット社会の怖いところであるといえます。 トラブルを防ぐためには安易な気持ちでの投稿などは控えることが無難です。自分で判断できないようなら周りの人に聞いてみるのもよいでしょう。また、個人情報の管理などにも気を付けておきたいところです。こうしたリテラシーを身に付けていくことを心がけましょう。